2014年12月31日水曜日

「宙(ソラ)の喜怒哀楽」を作ったよ

マルチメディア基礎 通信課題2。
内容は「喜怒哀楽」をテーマとしてそれぞれ10秒以内のアニメーションを作るというもの。
条件は「共通の世界観を意識して制作すること」と「10秒以内」くらいしか書いてなくて、あとは自由みたいなので、いろ~んな意味でけっこう自由に作ってみただすよ。

ぼくは喜怒哀楽という言葉から最初に音のイメージが浮かんだので、まず10秒以内の音を作りますた。
著作権等を考えたのと、自分の趣味で、クラシック音楽を選びますた。

喜:L.V.ベートーヴェン/交響曲第7番 イ長調 Op.92
怒:ホルスト/組曲《惑星》~第1曲:火星
哀:ビゼー/カルメン~第1幕への前奏曲
楽:ハチャトゥリアン/《ガイーヌ》~ばらの乙女たちの踊り

クラシック音楽はフレーズの長いものが多くて、10秒以内に納めるのがけこう大変ですた。
再生スピードの調整と、音源がバラバラだったので、音量の調節がちょっとめんどくさかったですよ。

アニメーションは共通の世界観ということで、宇宙と空の間の「宙」をイメージしますた。
学習指導書に「サウンドや画像など、使用する素材は著作権に注意してね」みたいなことが書いてあって、素材を使用しちゃダメとは書いてなかったので、ありがたく素材を使いますた。
スクーリングでちょっとFLASHを触ったとはいえ、やっぱりゼロから作るにはぼくにはハードルが高すぎるですよ。
というわけで、Premiere Proで素材を加工して「宙」のイメージにして、エフェクトで喜怒哀楽らしさを演出。
音楽とがっちゃんこして完成ヽ( ´¬`)ノ

ま、素材使ってダメなら再提出になってくるだろうから、出すだけ出してみることにしますた。
でもなー
再提出になって、ゼロから動画作れって言われたらかなりキツいな・・・時間が。
なんとか多目にみてほしいところでございます。はい。

そんなわけで、最後にTumblrに投稿。
これが大変!
はるか昔に作ったアカウント情報を探し出してなんとかログイン。
投稿するにもTumblrなんぞ使ったことないもんで、何をどうしていいのかサッパリ意味不明。
学習指導書に「非公開で投稿したら4つのムービーそれぞれの個別URLを書いてね」ってなことが書いてあるんだが、この個別URLを出すのができなくて本気で苦労したですよ。


この右上の耳たぶみたいなところをクリックすると、この動画のみのページに移動するですよ。
で、移動したページのURLが個別URLってことだったみたいでございますよ。
これがね、ほんっっっっっっっっっと~~~~にわからんくて、悪戦苦闘でググりまくってたら、Tumblrの作業だけで半日費やしてしまったですよ・・・あぁ、時間ないのにぃぃぃぃぃぃ(/ー ̄;)

というわけで、無事に合格できたらTumblrのURLを載せますねーん♪

というわけで、これが2014年のラスト投稿でございますよ。
大掃除もせず部屋がとっちらかってるのはTumblrがわけわからんせいにして、今年の作業はこれで打ち止めといたしませう。
ではではみなさま、来る2015年もぼちぼち頑張りますので、よろしくお願いしますですよ<(_ _)>

2014年12月22日月曜日

課題のためのアンケートのお願いです

2015.01.04追記【御礼】
以前にお願いしました目覚ましについてのアンケートですが、おかげさまで短期間にたくさんのご回答をいただくことができますた。
たくさんの方にご協力いただき、とてもリアルで、とても自由で、とてもユニークな回答をいただくことができますた。
あとはがんばって、これを糧に本年度中に単位GETを目指すでございますよ!
今後ともこのブログともども、どうぞよろしくお願いしますでにゃっほーヽ(=^・^=)ノ

-------------------------------


情報システム基礎Ⅰ課題2で改良案のレポートを作るのですが、現状の考察について、現状の統計データを盛り込みたいと思っているです。
そこで、もしよろしければ、ご協力いただけませんでしょうか?
個人が特定できるような個人情報の入力項目はありませんです。
基本的に「その他」とかを選ばなければ、ポチっと選んでいただくだけになっております。


『目覚ましについてのアンケート』URL
https://sys1.netowl-mailform.jp/


内容はこれだけです。

  • あなたのだいたいの年齢を教えてください
  • あなたの性別を教えてください
  • あなたはどんな目覚ましを使っていますか?
  • あなたの使う目覚ましについている機能を教えてください
  • 目覚ましだけで起きれますか?
  • 目覚ましで起きれないことがある方、どうして起きれないと思いますか?
  • 最後に、目覚ましにこんな機能があったら絶対起きれるのに・・・と思う機能があれば教えてください

連絡先とかお名前とかの記入は一切ないです!
なるべくポチッと回答できるように(テキスト入力しなくていいように)思いつく選択肢はあらかじめ用意してありますです。
テキストの回答を入れても2~3分でできると思いますです・・・たぶんですけど・・・たぶんね。

集計は2015年1月中旬を考えております。
どうぞよろしくお願いいたしますですっ - -)(*_ _)

ベタ褒めなのに77点(´・ω・`)

グラフィックデザイン基礎Ⅰ 通信課題2の再提出分が返却されますた。
無事合格してたので、これで4単位ゲットだぜっヽ(ΦωΦ*)ノ



合格は12月15日にWEBキャンバスにお花が咲いたので、合格と点数はわかってたんですけど、課題の返却が家に届いたのが12月18日。
だいたい他の科目の返却レポートは中1日で届くのに、今回ちょっと時間かかったので、行方不明になってんぢゃないかと、ちょっと心配しますた。

というわけで、講評なんですけど・・・ほとんどベタ褒めですた。
なんかまたケチョンケチョンにいろいろ書かれると思ってたので、ちょっと拍子抜けしますた。


まずは“動物のシンボル化”

再提出の作品は誰にでもわかりやすく楽しい作品になってますね

そりゃ、ぼくの嫌いなミッフィーちゃんを意識してみたから、つまらなくはならないと思うだすー

「どこに注目したかがとてもよくわかるようになりますた」

や、ってか、ケツしか見てないですしねぇ・・・ケツケツ♡ヽ(°▽、°)ノ

「今回のシンボルはユーモラスな印象で、老若男女楽しめる表現になってるですね」

そうか。
ケツは老若男女共通に魅力的であるということだすな・・・・ほぉぉぉ(▼∀▼)

「たくさんの写真を参考にし、たくさんスケッチした成果がシンボルに現れてます」

いや、シンボル作ってから添付するためだけにたくさんスケッチ描いたんですけど・・・

「ほどよく細かい部分が精査され、ほどよく細かい部分を残すことができています」





「省略しすぎると本来の動物らしさが消え機械的に見えてしまいがちな模様も、ほどよくリアル感が残ってますね」

模様は左右の99%をシンメトリーにして、中央部分だけ少し味付けしてみただすよ。
そこは(いまだに意味がわからないけど)シンボル化であって省略でもマーク化でもないってことで、ちょっと意識したですよ。


次に“動物園のビジュアルデザイン”

「着目点を生かした配色、レイアウトができてますね」
「模様に黒のみを使っていて、背景の色と体の色の関係や配色がとても綺麗ですね」

はい。配色と出力時の発色には、もんのすぅんごい知恵と労力を費やしたですよ。



次に“バナー”

「縦長であることを生かしたデザインになってます」
「シンボルを左寄せにすることで、縦長の画面に動きがでていて、シンボルのトリミングたいいですね」
「文字を縦に配置することで動物の脚の長さとあいまっていい味出してます」

や、そんなに褒めていただくと照れますのうぅ~~~(///∇//)


次に“コースター”

「丸い形を生かしたトリミングができてます」
「大胆に配置したZOOの文字がアクセントになってていいですね」
「動物のどこをシンボル化したのかがハッキリとわかるレイアウトがよいです」
「動物の足の長さの違いを3つのシンボルの統一感を保ちながらどう克服するかがよく考えてあるのがわかるですよ」

や、そんなに褒めていただくと照れますのうぅ~~~(///∇//)2回目。



・・・ほら、基本的に褒められてるー!
でも、ちょびっと指摘もありますた。

「こういう小さい面はつぶしたほうがきれいです」


すみません・・・ヤサグレてやっつけで作業したので、見落としますた・・・

「もうちょっとキリンで、シマウマくらいに背景の色が見えたらよかったかもです」



同じくらにしようと試みたんですけど、学習指導書によればシンボルの等比での拡大縮小しかできず、わずかな縦横比の変更ができなくて、これがこのシンボルで作った動物の脚の長さのバランスが崩れないようにレイアウトできるギリギリだったんだすだすー(=;ェ;=)



ってか、ご指摘、こんだけですた。
ご指摘、こんだけなのに、なのに、なのに・・・・・・・・・・・77点!!!
・・・あと23点って、何でマイナスされてんだ?
80点に届かせないあと3点って、なんなんだ?
再提出だと必然的に大幅減点なんか?
指摘された部分がそんなにシンボル化して動物園のビジュアルデザインするという内容にとって重要な箇所なんか?
触れられてないけど、ケチって黒にしたボードの色が、ほんとは白のほうがよかったのがマイナス3点なんか?


W( ──―───―・── O ─―──・─ )W ガオォー!!


というわけで、通信課題2も合格にはなったので、4単位GETできますた。

通信課題1、スクーリング前半(ピクトグラム)、スクーリング後半(蝶課題)、通信課題2の4単位の合計が309点・・・・・11点足りないっっっ(|||_|||)

これは明らかにピクトグラムの呪いだ!呪縛だ!怨念だ!!!
ピクトグラムさえなければっ!
くっそ真面目に先生のいうこと聞いてなければっ!
歩く・走る・飛ぶ以外には見えないことにこだわらなければればレバー!!!

あぁ、レバ刺し食べたいなぁ・・・ぢゃなくて。


とりあえず、覚悟してた結果だけど、あまりにも予想通りの結末に愕然、茫然、天麩羅御膳!
しばらくショックから立ち直れませんので、だれかぼくに美味いものを食べさせてください。


追伸:gaccoのピクトグラム講座は白尾先生、清水先生の講義もあって、スクーリングよりどうも良さそうだ・・・って、それってどうなんだ・・・・むぅう~~~ん・・・(( ( ( ̄  ̄メ) ) ))


※著作権等の問題もあるので、講評の部分はぼく語に翻訳して掲載しています

2014年12月14日日曜日

食パンは焦げパンとなりますた。

造形基礎Ⅱスクーリング2日目。

2日目はとにかく黒く、焦げた感を出すようにとの先生からのご指導からはじまりますた。
とにかく紙の白が見えないようになるまで塗りつぶせとの指導だったので、ひたすら塗りつぶす。
塗りつぶす!塗りつぶす!塗りつぶすぶすぶすぶすっ!!!

はぢめはシャカシャカ塗りつぶしていたけど、画用紙のボコっとした凹みのところが、刷り込んでも刷り込んでもなかなか潰れずに白が残ってしまう。
なので、筆圧マックスでひたすらグリグリぬりまくったですよ。

快調にグリグリ塗りつぶしてたら、午後16時くらいからは腕も腱鞘炎かと思うほど力が入らなくなってきますた。
もう食パンは焦げ焦げの黒光りする何かの物体となりますた。
2日目は力尽きて、そのまま終了。

家に帰ってからどんどん腕と肩が痛くなりますた。
お風呂でほぐしてもちっともよくならないので、サロンパス貼って寝ますた。

本日の教訓:デッサンの必需品3種の神器

【目薬!睡眠!サロンパス!!!】

うむ。なかなかゴロもよろしいな♪


というわけで、続けて3日目最終日。
朝起きたら寝る前よりは腕に力が入るようになっていますた。
うむ、サロンパスって効くもんだすな~

そうそう。
初日と最終日、スクに行く人(お友達って言っても、いいのかなぁ・・・(///∇//)照)と一緒に登校しますた♪
なんだかんだとオシャベリしながらの通学はあっという間で楽しかった~
登下校はじめ休み時間とかお昼ゴハンのときとか、いっぱいおしゃべりしてくれたみなさん、ありがとうございましたーヽ(=´▽`=)ノ


そして、3日目は15時まで制作作業。
そろそろ木目の模様をつけようと思って、グリグリにまっ黒のところに練けしをあてても・・・き、消えなひぃぃぃっ(||゜Д゜)
ふつうの消しゴムでグリグリしても、ぜんっぜん消えなひぃぃぃぃぃぃぃっ(゜Д゜||)

というわけで、まっ黒に黒光りしてる上から、2Hとかの固い鉛筆でグリグリと筋を描いていきますた。
あんまりにもグリグリしてたら、重ねた画用紙の下の画用紙にまで筆圧でグリグリ跡がついちゃったですよ。
途中、先生が他の学生さんにこんなアドバイスをしているのが耳に入ってきたですよ。

「全面を真っ黒にして紙の目潰しちゃうと、白を生かしたところが描けなくなるよ」

・・・・・・・・・・・・・がーん・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)

というわけで、もう全面を真っ黒のにして紙の目はほぼ潰れていたので、白を出すのは絶望的。
ここからは誰よりも黒い焦げパンを目指して、ひたすらグリグリしますた。

そしてできたのがこれ!!!


写真だとちゃんと木目の柄が見えるんだす。
理由はね、2Hとかでグリグリしたところが、紙が凹んだりしてて、紙の凹凸と黒光りしたてるところが浮いてうつるからなんだすよ。
写真に収めると肉眼で見えない木目が見えるのが不思議で、カメラに詳しい人に聞いたら、鉛筆は鉛だから、光をよく反射して、カメラレンズはだいたい反射した光を強めに感知するらしいだす。
だから、遠目から光の反射をレンズで感知できない距離まで離れると、ほぉ~ら、まっ黒黒の焦げパン!!!


うむ。肉眼で見えないものが映るとは、写真も奥が深いのうぅ~
ちなみに、他の人の作品はこの距離でもちゃんと木目が見えてましたー
ぼくだけ焦げパン(笑)

といわけで、講評。
みんな何コースに進むの?とか先生に聞かれてる中で、ぼくは完全スルーされますた。
先生は絵画の先生みたいで、とりあえず焦げパン描く人にはあまり興味がないようでございまた。
絵画志望ぢゃなくても、スぺデの人とかでもちょー上手い人とかは、すっごい細やかな講評だったり、その人の絵画の資質みたいなこととかまでお話されてたので、ぼくはよほど興味の対象外だったのだすな。

でも、誰よりもまっ黒い光る焦げパンが描けたので、ぼくは満足だすー

ぼくのクラスには超絶上手い人が3人いて、一人は講評のときいなくなっちゃったので、残り2人の超絶上手い人のうち、片方の超絶上手い人は参作になってませんでした。
選ばれなかった超絶上手い人、きっと「なんで?え?」って思ってたんぢゃないかな・・・
技術力とか先生も制作中からほめてて、すごく高度なことをアドバイスされてたし、2日目から展示された過去の参作より上手かったんだすよ。
何よりも、木炭が近くで見ても遠くで見ても超リアルで、重厚感があって、背景まで含めて、紙面全体が細やかな配慮がされていて、絵として飾っておきたいくらいの画面全体の完成度が高かったんだす!
なので、その方のが参作にならなくて、ぼくはすぅんごく驚きましたですよ。
なんか、参作って上手だからなるものでもないんですなぁ・・・って、何だったかのスクで思ったことと同じことを、造形基礎Ⅱでもまた思ったです。

そんなこんなでスクは終わったので、あとは通信課題。
帰りに通信課題の話を聞いたら、先にやった人が「制作時間45時間なんて、不可能だよ!100時間くらいかかるよ!」みたいなことを言ってたので、今から挫折感満載でございますよ。

・・・やっぱ世界堂アートスクールに泣きつこうかな・・・・(´;ェ;`)ウゥ・・・

2014年12月13日土曜日

VIVA!キレイなおねーさんヽ( ´¬`)ノ

造形基礎Ⅱスクーリング。
ぼくはパネルもカルトンもなんにも持ってなかったので、鉛筆数本、ねり消し、カッターくらいだけ持っていて、あとのものは世界堂売店で購入。
売店は8時30分からなので、早めに行ったつもりだけど、着いたときにはけっこうな行列が!
結局お買い物してお会計が終ったのが8時50分くらい。
買ったものを教室に置いて、猛ダッシュで会議室へ!

当日、朝イチでお買い物したい人は、早めに行って早めにお買い物したほうが良さそうでございますよ。
あ、あと、前提講義終ってからでも担当の先生と相談してお買い物しても大丈夫ですた。
前提講義でデッサンの道具の説明もあるので、それを聞いてから鉛筆にするか木炭にするか決めて、お買い物しても、ぼくの教室ではぜんぜんOKですた。

前提講義は2号館4階の、いつもの広いとこ。
受講人数が100人ちょいいたはずなので、きっとここしかまとめて集まれる教室はないんだろうなぁ・・・。

前提講義の前に、軽~く短いオリエンテーション。
たぶん10月入学の人がいるからだと思うけど、造形基礎Ⅱのスクはスクーリングデビューの人が多いということで、ムサビ通信生活を送る上で気をつけることなどのお話が、ちょこっとだけありました。
その後は前提講義。
内容は、こんなことに注意してね、とのことですた。

・自分を解放して自由に描く
・経験者は自分が会得してきた技法をいちど捨てよう
・対象をとにかくよく観察する

ここで断言しておくですよ。
ぼくは絵が、本当に描けません。
もし絵が描けていたら、今頃、デザインのお仕事とかしてないし、IllustratorとかPhotoshopとか使えません。
絵が描けないから、パソコンで描くことを覚えたんですよ。
なので、この科目についての記事は、きっと誰の参考にもならないと思うですよ。


そんなこんなで授業開始。
正確には制作開始。
もっと正確には(ぼくにとっては)拷問開始!

これが、ぼくを3日間苦しめることになるブツでございますよ。


う~ん、腹黒さタップリにしかみえまへんがな( ̄ー☆

しかーし!そう簡単にへこたれはしないのでございますよ。
教室に2つ木炭があって、描く場所を決めるときに、ぼくはちゃんと場所を選びますた!
事前に狙ってた左右どちらかから光があたる角度(これは先に造形基礎Ⅱスクをうけた人に教えてもらいますた!)は、人が密集!
みんなどこがいい位置かわかっていらっしゃるようで、完全にぼくは出遅れた感満載!

そこでですね。最高の場所をGETしますた!
(ΦωΦ)フフフ…なんと!なんと!木炭を挟んでお向かいにキレイなおねーさんヽ( ´¬`)ノ♡
木炭をみると、そのむこうにはキレイなおねーさんが見える・・・・・なんてステキ♪
ってか、これくらいの楽しみがなきゃ、3日もデッサンなんかでけまへんがな。ぶひーっ( ̄(∞) ̄)♡

最初はクロッキー帳に、木炭のカタチと、紙面をどういうふうに使うかを描いていく。
立方体なんていう高度なカタチはわけがわからないながら、とりあえず描いていく。
そしたら先生が「これは横配置のほうがいいねー」「ぢゃ、これで本制作にいこう」と、アッサリとGOサインをくれますた。

・・・・・そんなアッサリでいいのか(; ̄ー ̄)...ン?

ってか、1枚しか描かないなら、わざわざクロッキー帳買わなくても、造形基礎Ⅲのときに使ったスケッチブックのあまりで充分だったぢゃないか・・787円、返して・・・うぅぅぅ(/ー ̄;)


そして本制作へ。
午前中でなんとなくカタチを書いて、午後は陰影(っていうのか?)と、なんとなく木目っぽいものを描いたですよ。
木炭を描いたつもりですけど、なぜか描けば描くほど食パンに・・・・しかも美味しそうな、1斤まるごとハニートースト状態に(/_<。)


おや。
デジカメ画像をパソコンで見ると、濃淡が強調されて上手に描けてる・・・・おそるべし、デジタルパワー!!!
実物は、もっとノッペリして、美味しそうなんだすよ。

というわけで、このスクーリングの目標を「脱:食パン」としますた。
明日はシマシマいっぱい書いて、シマシマトーストを目指しまっす(`・ω・´)ゞ

------------

本日の費用
鉛筆112円×2本=224円
B2木製パネル:756円
クロッキーブック(F8サイズ):787円
紙(画用紙B2水張りサイズ)56円×3枚
スポーク:24円

合計:1935円

2014年12月11日木曜日

広い視野で見ることが大切

マルチメディア基礎 通信課題1、評価でました!


提出が11月10日付、添削結果出たのが12月10日。
ちょうどピッタンコ1ヶ月。
もっちー先生、お仕事的に今忙しい時期だもんな・・・仕方ないかな。

そんなわけで、講評。

まず最初に、もっちー先生が「どういうところを評価したか」の基準になるところを書いてくれています。
正直言えば課題やる前に知りたかったところだけど、たぶん学習指導書の内容から読みとってほしかったんだろうという、先生のキモチもなんとなくわかるですよ。
ってか、読みとれる内容だったからこそ、そう思うわけですが。

どうがんばっても学習指導書から読み取れない意図を「読み取って」と言われたらプンスカヽ(`Д´#)ノプンスカになりますけど、今回は読みとれる内容なので、「あ、やっぱそこだったかー!」っていう感じですた。
評価の基準がわからなかったり、意味不明な講評だったりする科目に比べたら、こうして最初に評価基準を書いてくれるのは、明朗会計の寿司屋みたいで、ぼくは好きですヽ(ΦωΦ*)ノ
(ちなみに時価の寿司屋は高そうで怖くて行けません・・・)

評価の基準に幅広い視野で事例を探せているかどうかというようなことがありますた。
ぼくはバリエーション豊かに探したつもりではあったけれど、スマホサイトはほとんど入れてなくて、入っていてもレスポンシブウェブデザインのサイトが2個こらいだったので、ここは減点だったかな。
でも、スマホサイトのボタンはマウスオーバー(ロールオーバー)はないわけで・・・しかも軽量化して作ってるのが普通だからそうそうローディング画面に出会うこともなくてですねぇ・・・もにょもにょ。


というわけで「気持ち良くクリックできるボタン」について。

ぼくがレポートに書いた

ボタンを気持ちよくクリックさせることは広義の Call To Action(以下、CTA)と考えられる。
CTA とは訪問者を制作者がとってもらいたい行動に誘導する行動喚起対策である。

のところを

的を得てますね

とお褒めいただきますた!
事例もいろいろあってよかったみたいです。
やぁ、スクーリングがけっこうボロボロだったので、ホメられると嬉しいなぁ~(*゜ー゜)

次に「待っていても退屈しないローディング」について。

ぼくは映画を引き合いに出して総評をまとめたんですけど、

最初の 30 分が退屈な映画は、その後の内容がどんなに面白くても鑑賞者は途中で鑑賞をやめたり、この映画は退屈だと思い込んでしまい、その鑑賞者の映画の評価は退屈な作品になってしまうという話である。
ローディングも映画と同じなのではないだろうか。

のところで、

映画と対比させ、ローディングを語る視点は面白いね

とのお言葉をいただきますた!
いや、脳みそが関西人なせいかは謎ですが、「面白いね」という言葉に弱いぼくにとって、これは最高のホメ言葉でございますよ ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノヤッホウ♪

そんなわけで、無事、合格でした!
次は課題2で超苦手なアニメーションを作らネバです。
喜怒哀楽、それぞれ10秒以内のアニメーション。
考えただけで脳みそがネバネバしてきます。
もう、絵が動くというだけで苦手意識がドッカ~~~~~ン襲ってくるですよΣΣ┏(_□_:)┓iii
けど、単位欲しいので、ここまできたので、なんとか今年度中に提出できるようにがんばりますですよ!

2014年12月4日木曜日

演劇空間論、4単位GETヽ(ΦωΦ*)ノ

演劇空間論 科目試験、合格してましたヽ(ΦωΦ*)ノ


この科目、課題1~4を通して「この科目は“演劇”なるものの“空間”についての科目だ」と意識してレポートを作成していれば、そんなに努力しなくても、自然と空間の形式とか頭にイメージできるようになっていて、試験の為にわざわざ猛烈に勉強して知識を詰め込むようなこともなかったので、試験がある科目の中ではラクな科目なのではないかな~と思いましたですよ。
経済学もけっこうラクだったので、もっと難しい科目と組み合わせて履修すればよかったような気にもなりますた。

何はともあれ、無事4単位ゲット!
4単位は大きい!
でも、入学当初は1年生のうちに30~34単位を目指したものの、スッパリあきらめました。
仕事しないと学費も払えませんしね。
ちゃんとお仕事しないと、クビになっちゃっても困りますしね。
はい。

といわけで、ブログ書いてないで、仕事します・・・ (ノ´□`)ノ